*2012年7月以降の作品情報を掲載しています。それ以前にリリースされた約170作品の情報は書籍『捧げる』に網羅されています(An Unofficial Keiji Haino Websiteのディスコグラフィもご参照ください)。

ここに 与えられた この身体 / 全部 使い切ってやる という者の / お茶の 時間

LP: Black Truffle Records / medama records, BT012 / mr06, 2015/01

灰野敬二 (エレクトリック・ギター, ヴォイス)

ジム・オルーク (ベース)

オーレン・アンバーチ (ドラムス, パーカッション)

i don't want to drink tea so tasteless that even the intent to kill will not come to mind while drinking (12:25)

let's make it a bit thicker and drink it as "n e v e r g i v e u p" (10:36)

after drinking once again consider the brutality of prayer (18:50)

SuperDeluxe (東京) にてライブ録音, 2013/03/17

ただ 美しく 溶けて しまいたいのに / まだまだ満ち足りて いないから / まだ見えていないはずの ものの ほうが 愛おしく 思えてしまう

CD/LP: Black Truffle Records / medama records, BT011 / mr05, 2014/06/10 (CD), 2014/10 (LP)

灰野敬二 (カンテレ, 笛, airSynth, ドラムマシン, タンバリン, ヴォーカル)

ジム・オルーク (12弦アコースティック・ギター)

オーレン・アンバーチ (ワイングラス, ドラムス, パーカッション)

(40:43)

SuperDeluxe (東京) にてライブ録音, 2013/03/17

まだ 温かい内の この今に 全ての謎を 注ぎ込んでしまおう

CD/LP: Black Truffle Records / medama records, BT09 / mr04, 2013/04

灰野敬二 (ギター, ヴォーカル, フルート)

ジム・オルーク (ベース)

オーレン・アンバーチ (ドラムス)

シャルルマーニュ・パレスタイン (ワイングラス)

石橋英子 (ワイングラス)

once again i hear the beautiful vertigo... luring us to "do something somehow" (09:38)

who would have thought this callous history would become my skin (05:21)

only the winding "why" expresses anything clearly (06:29)

a new radiance springing forth from inside the light (09:00)

even that still here and unwanted
can you and i love it?
just like us
it was born here too (10:23)

now while it's still warm let us pour in all the mystery (03:51)

SuperDeluxe (東京) にてライブ録音, 2012/01/30

いみくずし

CD/2LP: Black Truffle Records / medama records, BT07 / mr03, 2012/02

灰野敬二 (ギター, ヴォーカル)

ジム・オルーク (ベース)

オーレン・アンバーチ (ドラムス)

SuperDeluxe (東京) にてライブ録音, 2011/01/06